ブログ & Blog

すろ〜らいふ?

<< August 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

突然ですが、引っ越しました^^;(4/23)

現在のサーバが不安定なので、DIONのLOVELOGに引っ越しました。

引越し先もどんな様子か判りませんが^^;

とりあえずメインプロバイダーですし、画像に100MB使える&過去ログを持っていける、という条件をクリアしていたので、LOVELOGに決定

移転先はこちらです↓
ベランダ菜園 ベランダーのつぶやき
コメントやトラックバックもすべて移動してます。

移転に伴い、ブログタイトルも変更になりました。
リンクしていただいている方には、お手数をおかけして申し訳ありませんが、リンク先とブログタイトルの変更をお願い致します。
タイトルが長すぎる場合は、適当に短くしてやって下さい
comments (0) | -

神楽南蛮 ポットへ移植

4/6に10セル分20個の種を播いてみたら、全部発芽しちゃって驚いている神楽南蛮ですが、本葉が見え始めたので、ポットに移植してみました。

食べ残しから立派な芽が沢山出ているホースラディッシュ(山わさび)を、裏庭でプランター栽培することになって、大きなプランター用に培養土を沢山購入。
結果、2袋(28L)も余ってしまったのでこの神楽南蛮も土で栽培します。

栽培場所がないので、誰かに貰ってもらう事を考えても、土で育苗したほうが良さそうだし…(ペットボトルに入った水耕苗貰っても困るもんね^^;)

神楽南蛮の小苗

この土は「ゴールデン粒状培養土(野菜用)」という土なんだけど、粒が大きくてびっくり
1cmもありそうなペレット状の塊がゴロゴロ入ってます。

実際には水をかけるとふわふわと柔らかくなるので、この形が残るのは短期間かも。
それにしても、3号ポットには粒が大きくてしっくりきません(苦笑)
comments (0) | trackbacks (0)

紅こだま 育苗中に開花!?

3月末に衝動買いした小玉スイカの紅こだま、早くも花が咲きました

紅こだま(小玉スイカ)の花

親づるを5節で摘心して、まだ子づる2〜3節目なんだけど、摘心した親づるの先端に花が咲きました。

まだ寒いので、移動しやすいように小さな容器で栽培してますが、つるが折れると困るので、園芸用のアルミ線(3mm)を使って、ちょっとふざけつつ誘引してます^^;
続きを読む>>
comments (0) | trackbacks (0)

大葉(青じそ) リベンジ

ここ数日、天候がイマイチなので、地味に水耕栽培容器を自作してます(苦笑)
動力を使わない何処でも栽培できる湛液式を模索中。

具体的には、凹凸のある板を養液に浮かせて、凹部では溶液中に伸びた根が養分&水分を吸収し、養液に沈まない凸部では根が呼吸をする、という仕組み。

ミニトマトのレジナ&ペットボトル栽培で試した事はあるんですが、浮き島が根に絡め捕られて、後半は機能していなかったので、根が張り付かない方法を検討しています。


そして、容器のテストに投入される気配が濃厚なのが、この投稿タイトルの大葉

1月末に種まきした大葉(毛管水耕)は、春を待たずに花が咲いてしまったので、急遽第二段を播いてリベンジ栽培中です。

紫蘇は短日が花芽分化の条件らしいので、今回は大丈夫かな?

というわけで、大葉っぽい葉が出てきたので、そろそろ植替えしてあげなきゃいけないんですが、、、
青ジソ(大葉)

全部植える場所はあるはずないので、この中から選別しなければ…

やはり上段右から二株が合格でしょうかね
comments (0) | trackbacks (0)

中玉トマト 水気耕フルティカ 植え付け

ペットボトル水気耕栽培で育苗していた、中玉トマトのフルティカを、道具箱製の水気耕容器に定植しました。
道具箱の蓋の上に、ポリタンクで水気耕栽培中のフルティカ2株を載せて、トマトエリアの完成です

中玉トマト フルティカ

おまけにバジルの挿し芽(右下)も添えてみました^^;

ポリタンク栽培は、昨年の秋にキュウリで成功?した方法と同じで、遮光したポリタンクの片方の口に、スポンジでトマト苗を固定して、エアポンプで空気を送ってます。
5リットルのタンクなので、どこまで大きくなれるか心配ですが、こちらは綺麗に整枝して、小さく育てようと思ってます。


道具箱はドリルで、トマト用、支柱用、吸水用、エアチューブ用の穴を開けて、スポンジでトマトを固定、穴に三脚支柱を立てて誘引してます。

エアストーンが底につくと、振動でうるさいので、発泡スチロール片に固定して、養液が減るまでは底に着かないように浮かべてます(釣り針と浮きのイメージ)
養液が減ると底に付くので、うるさくなったら養液補充…と、そんなにうまくはいかないのが世の常ですが^^;

こちらは25リットル程あるので、水耕ならではの脇芽も伸ばす放任栽培で。
支柱を超えた分は、メッシュの棚を作って水平に這わせる予定です。


道具箱で栽培している株は、既に一段目が開花中です。
続きを読む>>
comments (2) | trackbacks (0)
1/59 >>